わたしの裏みち

おもうこと、ひびのことあれこれ




スポンサーリンク

エアコン泥棒

夫婦で求める室内温度が違いすぎてどちらかが我慢するとか避難するとかケンカにまで発展するとか・・・夏場あるあるじゃないですか?


我が家の布団環境は(布団環境?)夫と次男が一緒の部屋、その隣の部屋で私が寝ています。
これは通常時。
しかし梅雨が開け一気に暑さも増した今日この頃、夫は冷房なしでは安眠できません。
それも設定温度は25度!!!
私にすればちょっとその部屋に入っただけで床のひんやりが足の底から全身に回ってサブイサブイとなる環境です。
これは流石に嫌だと次男は夫との部屋を抜け出し布団を私の隣に敷くことになりました。

寝る直前までのエアコンの冷気(寝るときは切っている)と扇風機で十分な私の寝床で次男も健やかに眠っています。
それでも時々寝苦しそうに寝返りを繰り返しているときがあるんです。
そんな時は「エアコン泥棒」
部屋を隔てる襖を30cmくらい開けておくと冷気がこちらに入ってきて、あ〜快適♡
ぬるい室温と適度に混ざって眠りやすいです。

では夫はというと、こちらのぬるい空気が入ってるのかもしれませんが健やかに眠っています。
なんだ室温上げても大丈夫なんじゃん!と思っていると起床時間に「あづい〜〜!」と大声上げて起きてきます。
暑いて大袈裟な。襖を開けても温度計26度でっせ。
まぁ適温は人それぞれ違うから夫にとっては暑いんでしょう。
「最近忙しくて疲れが取れない」と嘆く夫ですが、昼間も夜も冷房ガンガンの中にいるせいではないかと私は感じてるのですがどうでしょう?
そのうちガクンと体調崩すのではないかと気になっております。


それより更に気になってるのは思春期の青年が母親の横に布団敷いて寝ることに抵抗ないことなんですが(^_^;)

出かけない日々

仕事を辞めて専業主婦になって早2週間。
なかなか満足な日々を送っているしゅうです、ごきげんよう。

生活リズムも整いつつあり、午前中に家事を集中させ午後は趣味に興じております。
まぁその趣味、宅内で行うことばかりなのでなかなか外出しないです。
食事の買い物さえ「もう1日がんばるか」と出かけない日々。

やればできるんだな・・・私。
働いてる時は思いついたメニューのために食材を買い揃える日々でしたので、週に2〜3回はスーパーに行ってました。
6人家族なので買いだめして冷蔵庫にストックするのも限界があるのも理由の一つではありましたが、今は出渋るあまり有るもので何を作るかと考えるんですね。
今では週に1〜2回の買い物で十分やりくりできています。残り食材でいかに思春期男子の腹を満たす料理を作るか。これが楽しくて仕方ありません。
以前は余った食材を腐らせてしまうことも多かったですが、ロスを出さず使い切る楽しさ!自己満足!!

本当はねぇ、でかけたい用事があるにはあるんですけど。
漫画喫茶行きたいのよねぇ。
読みたい漫画があるし、美味しいものがあるって小耳に挟んだし!
www.cobalog.com
でも出渋る気持ちに負けて行けてません。だけど美味しいものは食べたいじゃないですか。
だから自分で作っちゃったり。(写真?ないよ?だって撮る前に食べちゃったから♡)

そんな極々小さなことに満足を得ています。


*****


仕事を辞めた直後、ちょっと色々ありまして。
人の当たり前に続く日々なんて思いがけず本人の意思にかかわらず途切れてしまうことを実感しました。
それはそれで人の一生なのかもしれないけど、やっぱり悔いのない毎日を送りたいなと、思っています。
小さな幸せも感じながら過ごそうと思っています。

専業主婦になりました

f:id:ROUTE53:20190627103755p:plain

運転代行業を生業として8年。
昨日の夜が最後のお仕事でした。
私、無職になりました!!!

職を無くしたのではなく望んで無職になりました。
家庭の主婦なので専業主婦になったということです。

専業主婦が無職なのかどうなのか、主婦の仕事を認めてないのか?というどんどん深みにハマっていくような質問はなしで!
どこかにお勤めして賃金を得るとか、自分で起業するとかしてないので「無職」と言うてます。
私は望んで専業主婦になりました。それだけの話です。

基本外で働くのは嫌いじゃない

結婚して23年。過去に私が専業主婦であった期間は5年あります。
それ以外はいわゆる兼業主婦でした。子供ができるまでは企業の正社員で、産後に5年の専業主婦期間を挟んでその後契約社員になり、後に夫の事業に携わり専従者として仕事をしてきました。
夫とは特に家事分担などないので、「ゴミ捨てお願い」といえば動いてくれますが、自ら進んで家事をしてくれる人ではありません。
私自身昭和の人間で、男手が家事を担うという環境で育って来なかったので、違和感なく兼業主婦の道を歩いてきました。
もちろんダブルインカムなので疲れて「夕食の準備面倒くさいな〜」と思えば外食も厭わず、家事もそれなりに手を抜いてきましたがww

まぁそれで不満もなく過ごして来たわけですがこの1〜2年、特にこの半年はもう気持ちがキュウキュウになってしまって。
ストレスのせいなのか年齢のせいなのか体調も波のある日々になってきてしまったわけです。
体調が悪いと気持ちのキュウキュウも拍車がかかる悪循環。
でもなんとなく・・・なんとな〜く「仕事辞めたい」って言えずにダラダラ来たんです。
それはやはり夫の事業に携わっていて事業内容として私がやめれば夫の仕事もストップしてしまうから。ということは両者の収入が途絶えてしまうから。
多少貯蓄があるといっても一度に両方の収入が途絶える選択はできなかったので「しんどい・・・」と思いながらも過ごす日々に夫婦関係もどんどん荒んできて・・・
私がイライラするから夫にも伝染するし、距離を置こう(別居とかじゃないですよ)と思うと意思疎通が上手くいかなかったりして浅いうちに回復を図らないとマズイなとなったところに良いお話がありました。
神様ありがとう!

夫の労働と収入が見込めるようになった

夫が顧問として関わっていた会社から「うちの仕事に専従してほしい」とオファーがありました。
それについてどう思うかと相談されたとき「あなたがその会社に魅力を感じているなら受けてほしいし、それを機に私はしばらく仕事を休みたい」ことを伝えました。
両者一度に収入が途絶えない選択肢ができたこと、仕事を休みたいと思っていたこと、叶うなら数年単位で専業主婦でありたいと思っていたこと、必要に応じてパートに出る気持ちはあるということ・・・などを話し合い、結果として夫は転職し私は専業主婦へと落ち着くことができました。

夫曰く「オレの理想としてはオレ一人の収入で家族を養ってしゅうには働くも家にいるも好きに選ばせられたらよかったけど、昔は収入面で今は選んだ事業面で働かざるを得ない状況にしてしまっていた」と。
「専業主婦としてしゅうがやりたいことを今はできるときだからやってくれていいし、また必要になれば働けばいいし」と。
私の中の不安(ストレスや体調)が解消される!ということや、夫からの言葉に安堵して無職になることができました。

何をそんなにキュウキュウになっていたか

気持ちがキュウキュウになっていて思うように動けなくてストレスであっぷあっぷしていた理由はいくつかあります。

家事が好きではないと思っていた

料理も掃除も洗濯も好きではなかったんです。結婚して主婦となったから仕方なくやっていた・・・とずっと思っていたんです。
仕事から帰って疲れた体に鞭打って嫌な家事をやっていると本当に思っていたのですが、ある日気づいたのは「きちんとやりたいのにできないことが嫌だった」んです。
私、几帳面なO型だったことを思い出しました!
そして要領が良くないO型であることも思い出しました!
先の5年間の専業主婦時代、家事を嫌だと思ったことはそういえばなかった。
毎日献立も工夫してたし、掃除洗濯を滞らせたことも記憶になく、嫌々やってたなんてこれっぽっちもなかった。
でも仕事をしている時は疲れや時間のなさから献立はマンネリ化し、取り入れた洗濯物を畳むのは億劫で、休みの日は体を休めたいのに掃除をする。
あ〜!時間がない、気になるのにきちんとできない、要領が悪いから時間がかかって余暇の時間がしっかり取れないストレスで家事嫌!と思っていたんです。

夫が言った「主婦としてやりたいこと」って家事全般なんです。
どこまでできればオッケーなのかは人それぞれ違います。
でも私は私が求めるレベルでやれてないことにストレスを感じ、そのくせ器用にできない自分にストレスを感じ、でもそのストレスを感じないところまでやるには体力と時間が確保できずに堂々巡っていたんです。
世間には仕事をしながらでもソツなく家事をこなしている方はた〜〜〜くさんいらっしゃいます。
でも私に同じことはできません。だから私はダメなやつとは思いません。人との比較ではなく私は私のレベルで家事を満足できるようにしたいんです。
家族が快適に元気に過ごせるように、自分が満足できるように家事をしたいんです。

趣味の時間も大切

書道とネイルを趣味としてやっていますが、練習したいのにできないのがストレスでした。
どちらも上達を目指してるし書きたいもの・挑戦したいアートはどんどん頭の中に湧いてくるのにそれをやるには時間が足りなさすぎる。
無理にやろうとすると睡眠時間や家事にかける時間が減る。なんか違うよね・・・
1日1〜2時間が取れなかったのが気になりながら手をつけられないって家事と同じでどんどん自分の中に不満が溜まってしんどくなる。
家事をできてるからこそ趣味に手をだせるのでこれからちょっとづつ楽しんでいきたいです。

無職1日目

今日から無職となり、今まで夜型だった体内時計を昼型に戻していかなければとまず思います。
1日目の天気は雨。だけど気持ちは晴れています!
まずは少しづつ家事に力を入れて自分の時間も取ってリハビリです。
初日からガンガン飛ばしていくのはすぐヘタるかもしれないので、徐々に専業主婦時間に慣れていきたいと思います。

ファミリーマートのピスタチオオレが美味しかった話


なんか甘いものが欲しいな〜・・・と立ち寄ったファミリーマートで見慣れないドリンクを発見しました。
一瞬抹茶オレかと思わせて『ピスタチオオレ』です!

初めての味にチャレンジ

ピスタチオは大好きなナッツです。
目にして一度手に取りはしたものの、味の想像がつかず棚に戻して・・・でもやっぱり買う!

甘さ控えめでピスタチオ独特のちょっと青みのある味かな〜と予想したのですが。

めっちゃ美味しい♡

青臭さは全くなくてアーモンドオーレのような味にほんのりピスタチオの香りが鼻を抜けます。

あ〜なんだか懐かしい。
キラキラした時が一気に逆流して胸に広がりました。

もう会えない人の思い出が

20歳の頃、アルバイトしていた自宅前の喫茶店。
3歳年上の店長は友達のお兄ちゃんでした。
マスター(友達のお父さん)が切り盛りしていた喫茶店はマスターの風貌と暗い店内の雰囲気が子供心に怖かったものですが、お兄ちゃんが引き継いで建て直し当時のその辺りではガラス張りの異様にハイカラな喫茶店に変身したのでした。

彼の名をケンゴくんといいました。
アメフトをやっていたごっつい体とは真逆の柔らかい表情を持つお客さんに愛される店長でした。
まぁアメフトやってた体のゴツさから「まかない」もよく食べる!
でも私に用意するのは量を加減してくれる優しさを持っているケンゴくんです。
「ちょっと少なめにしといたからな〜」ドン!いや女子の食べる量からしたら大盛りや〜ん(笑)
それを食べて過ごし今の私があります!(あの頃から太ったっちゅーねんw)

時は経ち私も就職とともにアルバイトを辞めたのですが、なんせ家の前。交流は続きます。
出かけようとしたところ駐車場で洗車しているケンゴくんによく会いました。
「暑いなぁ!倒れんように気をつけや〜」
そんな声かけを何度したでしょうか。
ある日、彼が駐車場で倒れているのを家族の方が発見しました。救急車で運ばれましたがそのまま帰らぬ人となりました。
脳梗塞だったそうです。

アルバイト時代、初めて知ったアーモンドオーレの味はケンゴくんが作ってくれたもの。
休憩時間に時々リクエストして作ってもらっていたけど、それ以来どこの喫茶店に行っても「アーモンドオーレ」というメニューを見た記憶はありません。
もう二度と飲めないと思っていたけれど。
思わぬところで懐かしい味に再会しました。

リピありです!

私の思い出の味というのもありますが、純粋に「ピスタチオオレ」としても飲みやすく美味しいのでリピありです!
ところでアーモンドオーレって一般的によく飲まれてるのでしょうか?カフェなどでも全く目にしないのですが。
飲んだことのある方はコレ!コレ!って味だろうし、飲んだことのない方はその風味を楽しんでもらえると思います。

ファミリーマートの「ピスタチオオレ」
ぜひ飲んでみてください!私は飲みます♡

急遽、徳島へ遊びに行くことになりました


急遽といっても3日前には決まっていたんですけどね。
夫の仕事絡みがメインなのは建前で、ちょうど行きたいとこあったんだわ❤な私はすぐその話に乗りましたレッツゴー徳島!
せっかくなのでカメラとChromebookも荷物に入れて現地でブログでも書いちゃおうと企んだのでした。お付き合いくださいませ。


新車のキャンピングカーで行ってきまーす!
もちろん買ったわけではありません。レンタカーです・ω・
夫の仕事絡みというのはこのキャンピングカーをレンタル開始するに当たりユーザーに対しての機能説明や注意事項を実際乗って調査し、案内できるようにせよ!ってことなんですよ。
我が家としてはキャンピングカーは初じゃないんですが車種などによって機能が異なることもあるし、何より新しいから乗りたいじゃないですか。
キャンピングカーで夏旅行 vol.1 - わたしの裏みち

服部製糖所に行きたかったんです

徳島特産の竹糖を原材料とした和三盆を使って干菓子を作っている服部製糖所さんのお店『わさんぼん』

店内にはかわいらしい干菓子がたくさん並びます。
和三盆そのものはもちろん、ほうじ茶・深蒸し茶・珈琲・紫芋など着色料や添加物を使わないやさしい味わいの干菓子です。

阿波和三盆糖 服部製糖所

うちの子たちが干菓子が好きなのもあるんですが、おもたせなんかにもいいなぁ・・・でも一度食べてみないとプレゼントできないなぁ。
ってことで伺ったのですが、これご年配の方への贈り物にもよさそうです。
口の中でじんわり広がる甘さとふわっと溶けてなくなるのが楽しい一品でした。

明日はかづら橋や大歩危小歩危へ

目的地付近の温泉でお風呂に入りリラックスできたので今夜は道の駅に停車します。
近辺にはコンビニはおろかスーパーもなさそうだったので町中のコンビニで調達しておいたコンビニごはんをチンして食べました(笑)

外は雨降りだし、最初からキャンプの予定はしていませんでしたが食事をいただける店もない山奥まで入ってきましたので、今夜はそうそうにおやすみして明日はかづら橋・大歩危小歩危を散策します。
雨がやみますように。

*****

徳島のお土産といったらなんですかね?
「かぼす」くらいしか思いつかないんですけど子供たちへのお土産にかぼすは喜ばれない気がします。
ご当地あるあるの「かぼすのぷっちょ」でも買って帰るか(^O^)




ARIGATO☆