わたしのみち

おもうこと、ひびのことあれこれ

スポンサーリンク

専業主婦になりたい



専業主婦になりたいのです。
現在、夫の自営業に専従として仕事をしています。仕事は嫌いではありません。やるからには責任感を持って仕事をしています。それは専従でも外部のお仕事でも。
でも私は専業主婦になりたいのです。

f:id:ROUTE53:20170608080830j:plain

今朝、しましまこ (id:shimashimanegigi)さんのブログを拝見して「おぉ、逆パターンの記事を下書きに放置したままだった」と思い出しました。
www.neginegigi.com

ベースは私と同じタイプの方のようです。ごーろごーろ大好き。
でも私は逆に専業主婦になりたいのですよ。


時代は「女性の社会進出」「女性の雇用増進」「結婚・出産しても働ける社会」の声高く。いいと思います。
お一人様にしろ既婚者にしろ働きたい人が働きたい職種で輝いていられるのは活き活きして美しいです。
産休・育休もきちんと取得できてキャリアを継続できる社会は個人の仕事に対する意識が尊重されていると思います。
そんな時代に逆行しているかもしれないけど、私は専業主婦になりたいのです。


ではなぜ専業主婦になりたいのか。
それは三食昼寝付きの日々が欲しいのではなく、もっと家のことに手をかけられる時間が欲しいから。
世間には仕事をしている妻・母でも家内がいつも整っていて掃除も行き届いてる方はたくさんいらっしゃると思います。
なのに私には自分が満足できるだけの力がありません。
いわゆる「家事力が低い」のです。
家族が帰ってきたときには散らかっていない居心地のいい家にしたいのに、それができない自分が情けなく感じることもあるし、整えられない日が続くと苛立ちさえ感じます。


仕事をしていると時間的・体力的・精神的に日々最低限のことだけで精一杯。
共働きしているから夫もその状態には何も言わないけれど私が納得いってません。
働く日が最低限なら休日にまとめてすればいいじゃないかとなるわけですが、休日は休日で家族の予定が優先されることもありこれまた十分に手をかけられず。
では早く起きるなり時間を作る工夫はいくらでもできる!と根性論になるのですが、睡眠時間(充電)を削るとしゅうは動かなくなります。


要はグータラなんだよぅ!!!
仕事に圧迫された時間の中で家事を満足にこなすなんて無理!
ゆとりある時間のなかでゆっくりしっかり家事をしたいんだよぅ!


専業主婦時代は私にもありました。
長男出産直前から次男出産1年後までの5年間は専業主婦をしていました。
その頃はこのような自分の至らなさでストレスを感じることはありませんでした。
子育てしながらも時間的な余裕があり毎日部屋を整えることができました。
今日は玄関の掃除、今日はバルコニーの掃除、今日はお風呂掃除に力を入れて・・・と気持ちいい状態を保てていました。
それが仕事を始めてからは・・・きっと家事が進まないことを私の中で「仕事で疲れてる」を理由にしている。


あ~専業主婦になってこの状況を脱出したいよぅ。
でも現状「仕事辞めます!」というわけにはいきません。家計的にw
夫婦でよく話しています。「夫の収入だけで生活し、妻は家を守る」ということを。
それが叶わないくらいの経済環境ですよね、日本全体が。


まぁ最終的には私の甘えなんでしょう。そういう社会ならそれに適応していかなければいけないんでしょう。
でも逆行しててもいいんだい!私は専業主婦になって自分のペースでしっかり家事をやりたいんですよーだ。


だからこんな言葉もでるんですわ。


兼業主婦のみなさまを尊敬します!日々お疲れ様です!




ARIGATO☆