わたしのみち

おもうこと、ひびのことあれこれ

スポンサーリンク

いつも「ガス代」を思い出す



昨日、買い物から帰るとダイニングテーブルにメモがありました。学校から帰宅後、次男が書いたものでした。

「友達と遊びに行く」

そっか、遊びに行ったのか。昨日は内容のわかるメモでした。


以前、アルファベットと数字が並んだメモが置かれていたことがありました。
クイズ好きな私は「何かの問題かな?学校で流行ってるのかな?」と解読しようとしましたが無理でした。かなり悩みました。
Sundayの「S」?
「23」は23日?
「U」・・・?Uって何だろう?あ、USJの「U」かな?
連れて行ってってこと?
散々頭を悩ませましたがどうしてもわからない、あてはまらない文字があります。
帰宅した息子に聞いたら「ゲームのパスワード」をメモって置きっぱなしにしてただけでした。なんだいっ!

で、このようなメモが置かれているといつも思い出します、「ガス代」を。「ガス代」知ってますか?
お笑いのほっしゃん。(現:星田 英利)のネタの一つですが、私がこのネタを解説しても全く面白くないので、よければどうぞ☟

すべらない話 ほっしゃん(星田英利)「ガス代」
メモが置かれていると「ガス代」を思い出すように刷り込まれてしまいました。



お笑いは好きです。ただ以前ほど見なくなりました。というかTV自体あまり見なくなりました。
ダウンタウンが好きでした。今もキライというわけではありません。次第に興味がなくなったというのが正しいです。


高校生の頃、関西で放送されていた「4時ですよ~だ」が好きでした。
ダウンタウンが司会をつとめ多くの若手芸人が出演していた番組です。
今の高校生はTVやお笑いよりもっと楽しいことや興味のあることがあるのかもしれません。多くの高校生がスマホを持ち、SNS・ゲーム・カラオケ・・・はまだ楽しいことなんだろうか?夕方帰宅してTVに夢中になることなんてないのかもしれません。

当時の私は友達と派手に遊び回ることもなく、学校からはほぼ直帰です。お小遣い(バイト代)もそれほど多くないので友達と寄り道して遊んで帰ることはあまりありませんでした。そんな私が楽しみにしていたのが「4時ですよ~だ」。
箸が転んだだけでも面白い年ごろなのに、コントや大喜利など私を大爆笑させてくれる要素が詰まっていました。今となってはなぜ夢中だったのか、なぜあれほど笑えたのかわかりません。「なぜ」なんて考えることもなくただただするっと耳に流れ込んできて直感的に笑っていました。
しかしそれもダウンタウンの出演が減っていき見る機会は減っていきました。まっちゃんが好きだったし、残された者の番組には興味を持てなかったので、純粋に「お笑いが好き」とは言えないのかもしれません。

同じころやっていた「夢で逢えたら」も好きでした。こちらもダウンタウンが出演していたし、たくさん笑ったけどどんな内容だったかまでは思い出せません。ほっしゃん。の「ガス代」ほど記憶に残るものはありません。
ミドリ(清水ミチコ)という存在は覚えています。同性なのに同性だから気持ち悪いミドリだけどコミカルで見ずにはいられませんでした。愛嬌があったんですよね。またミドリやんないかな?やらないよね。
「夢で逢えたら」のオープニングでユニコーンが出ていました。当時はバンドブームで私はユニコーンが大好きでした。ブルーハーツをコピーするバンドマンの彼氏にユニコーンをやってとかなり無理なことを言った記憶があります。(毛色全然違うがな(^O^)/)
ってことは「夢で逢えたら」を見てたのはユニコーン目当て?やっぱり純粋に「お笑いが好き」とは言えないのかもしれません。

そういえば「夢で逢えたら」に松雪泰子や篠原涼子が出ていた記憶があります。今となっては素敵な女優さんですが所謂下積み時代というのか、よく下ネタ交じりのコントに出ていたなぁ。



ここまでが息子の残したメモで思い出したことでしたw 今日もきちんと内容のわかるメモにしてくれることを願っています。




ARIGATO☆