読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのみち

おもうこと、ひびのことあれこれ

ウエラトーンを使用して毛染め

スポンサーリンク

忙しくて・・・というのはほぼ言い訳で、出不精な性格ゆえ、美容院にしばらく行っていない。
この数年で白髪がチラホラ出てきているのだが、生憎後頭部に集中しているので私の目からは見えにくい。よって気にならない。
他人様ならあら~・・・と見て見ぬふりをされることも多いが、家族と一人の友人は容赦なく「白髪!」と指摘してくる。ありがとう。
なのに私ときたらやっぱり美容院に赴くのが(というか予約の電話をすることすら)億劫で腰を上げないので、仕方なく?自宅で毛染めをすることにした。
かなり昔に安い毛染めを使って髪がバシバシになってしまい、もう二度と自分でやるものか!と誓ったにもかかわらず、億劫さに負けてしまった。

ウエラトーン2+1 白髪染め クリームタイプ

今回使用したのはウエラトーン。
ドラッグストアの毛染めコーナーの大半が500円代から1000円以下という値段設定の中で異色の1900円弱。
高いっ!けど心のどこかで高けりゃいい、高けりゃ髪の傷みもないだろうという思いを持ってこの商品を手にした。
えっ!?Amazon安いんですけど・・・なんでドラッグストアは・・・


使用感

泡タイプが主流になっている今、あえてクリームタイプを選んだのは髪への密着度からよく色が浸透するんではないかと思ったから。
使ってみると一昔前のクリームタイプより少し柔らかく、塗りやすい。
髪にベタッとつけるのには変わりないが、分け目を変えて塗るときにべったりつきすぎてイタタ!イタタ!とならないのが良かった。
「輝きエッセンス」なるものが同封されていてクリームに混ぜて使うのだが、それが滑らかなクリームにしている感じ。

白髪とプリンの部分染めをして、20分待つ。
なかなかカラーが入りにくい髪質なのだけど、20分おいてチェックするときちんと染まっている。
ウエラトーンの力なのか、クリームタイプの力なのか。
そしてセルフ染めの後のバシバシ感が全くない!!!
ちょっと感動♡

でももう家では染めたくない

やはり自宅での毛染めは面倒だ。準備や自分の力量の問題もあるが、見えない部分が多すぎる。そして多少の染め残しはある。

毛染めの準備をしていて、足元に古新聞を敷いた。何気に開いたそのページが目に留まる。

さぁ今から染めるぞ!って時にこの記事を目にしてしまった。
プロの毛染め専門店があるという。
「クイックカラーQ」
やっす!全体染めでも2,700円(シャンプー・税込)だ。
ただ染めるだけ。ブローはセルフだそうだ。全く問題ない。

どうせ都心部だけなんでしょ~と思って店舗を調べたら関東・関西・九州に結構な店舗数がありました。私の近所にも2店舗も!

まとめ

自分で染める手間を考えるとプロに染めてもらってもお安いクイックカラーQは魅力的だなと思います。
やっぱり髪の傷みを考えるとセルフより専門家にやってもらった方がいいですよね。

あ!出不精だから美容院行かないって言っておきながら本末転倒な記事になってしまいました~(笑)




ARIGATO☆