わたしのみち

おもうこと、ひびのことあれこれ

スポンサーリンク

iPhone7の感動が薄い

iPhone5、iPhone6に続いて私にとって3台目のiPhone7が先日手元にやってきた。発売日にではない。予約開始が9月9日ですぐに予約したものの機種変更するかはまだ迷っていた。iPhone6の使い勝手に不満はなかったし、バッテリーもそれほどへたっていない。何が目的でiPhone7を予約したのか自分でもあまりわからないままとりあえず予約したくらいなので、発売日当日に入荷の連絡がなくても全然ショックでもなかった。世間では以前のように新型iPhoneの話題が持ち切りだったんだろうか?それすらも注目していないほどなのに予約だけはちゃんと済ませていた。「入荷連絡来たら真剣に考えよう」くらいに思って。たぶん今までのマットな質感とは違うジェットブラックの存在が、新しいものへの興味が予約に駆りたてたんだろうと思う。
発売日から1か月後の10月16日にやっと入荷の連絡が来た。噂通りジェットブラックはなかなか手に入りづらいらしい。それでも自分に順番が回ってきた喜びも薄く、あるのは「新しいおもちゃ」を手にするような一時的な興奮だけ。機種変更を決めたのは期間限定の割引額と下取りキャンペーン・機種変更クーポンに釣られたからといっても過言ではない。気づけば目の前に黒い箱が置かれていた。あれー?昔はもっとワクワクしたのにな。


iPhone7を使いだしても相変わらず感動は薄い。私が機能を最大限に活用できていないだけなのか?「新しいおもちゃ」への興奮もすっかり冷めてしまったし、私にとってはただのスマホになってしまった。まぁ新しいものの気持ちよさはあるんだけども。
今まで携帯・スマホと黒を持ったことがなかったので新鮮味は少しばかりあるのだけど、ちょっと厄介な思いもしている。暗がりの中でホームボタンを押すのに裏表上下ボタンの位置になかなか辿り着かない。
f:id:ROUTE53:20161021055647j:plain
左が表、右が裏。明るい場所ではわかるけど暗がりだと本当にわからない。機能の一つである「手前に傾けてスリープ解除」をオンにしているとすぐスクリーンが表示されるので迷うこともないんだろうが、オフにしているのでいつまでたっても黒いまま。裏か表か表か裏か。ひっくり返したり上下逆さに持ち直してやっとホームボタンに辿り着く。少々イラつく。これからiPhone7を購入する方の為にこのジェットブラックの厄介さだけはお伝えしておく。


あぁ、そうか。この厄介さを軽減するために「手前に傾けてスリープ解除」機能があるのかもしれないな。


ケースは背面が活きるクリアがいいね






ARIGATO☆