読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのみち

おもうこと、ひびのことあれこれ

この違いはなんなんだろう?

暮らし 日々のこと
スポンサーリンク

日々暮らしていると色んな人に出会います。

現実でもブログでも。

 

気の合う人や考え方が同じ方向だなと思える人には興味がわくし、

大抵嫌だなと思うことはありません。

逆に「私とは違う感覚を持つ人」への関心は私の中で分かれるのです。

その違いはなんなんだろう・・・?

f:id:ROUTE53:20160219102132j:plain

 

感覚が同じ人

ファーストインプレッションで「この人いいな」と思った人を、

後に嫌いになった経験はないような気がする。気がする・・・

話し込むほど同じ感覚を持っている人だとわかるとうれしいし、

意見が違うことがあってもフムフムと耳を傾けられるし、

自分の中にないものを吸収させてもらっているようでありがたく思う。

逆に違うことについて話しているうち、

違うままでもお付き合いしていくうえで嫌だと感じない人とは居心地がいい。

 

では逆に感覚が違う人はどうだろう。

 

感覚が違う人→惹かれる人

最初に違う意見や感覚にばーんとぶつかると衝撃を受けるんだけど、

その違いに引き込まれる人がいる。

感覚が同じ人と同じようにその違いを自分にプラスとして聞き入れられる。

それは話し方だったり文章の書き方だったりもするんだろうと思う。

その力はとっても強くて、ぐんぐん引き込まれる。

その人によって自分の考え方が180度変わることはなかなかないけれど、

両方を見比べて考えることが身についてくる。

自分の持ってなかった考え方や見方にハッとさせられることが多い。

 

感覚が違う人→惹かれない人

最初の衝撃は「惹かれる人」とそう変わらないのに、

話すほど「この人とはあかん・・・」と思うことがある。

その意見に全く賛同できない、深くその違いを考えてみる余地もないほど、

ぴーんとバリアをはったように絶対入り込めない。

じっくり腰を据えて話し合えば分かり合えるだろうか?とも思えないほどの拒否感。

それでももうしばらく付き合ってみようかという根気が最近なくなってきたので、

サッと遮断してしまう。

 

この違いってなんなんだろう?と最近考えている。

答えはまだない。

 

感覚が違って、「この人絶対無理!」と思ってた人と、

とんでもなく仲良くなった経験も持っている。

(夫とか、今は一番仲の良い友達とか)

その人とは反感を持ちながらも付き合わざるを得なかったから、

何年も一緒に過ごしたし、逆転して今に至っている。

でも今はそんな状況にないからそこまでして関係を築く根気がないだけか?

私の視野が狭いだけか?

 

本当にただのつぶやき・・・失礼しました。

 

 

 


ARIGATO☆