読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのみち

おもうこと、ひびのことあれこれ

ネガティブから持ち直す方法

スポンサーリンク

私は基本時間に追われた生活はしていないように思います。

仕事柄、朝、子供たちを学校に送り出してから布団に入ります。

寝てる間に洗濯物が乾きます。

何の仕事してるか気になりますか?(`ー´)イヒヒ

 

午前中をほぼ寝て過ごすため、昼間に人と交流することは少ないです。

それは時間的に無理だからではなく、無理に人と会うことに疲れるから、

月に数回友人と会う以外は一人で過ごします。

人との接触が少ない分、ストレスも少ない方だと思います。

ふだんマイペースにのほほ~~んと過ごしているのですが、

年に数回、色々あるうちにストレスを抱えてネガティブになることがあります。

基本私は根暗人間だと思います。

人見知りはするし、社交的ではないし。

そんな私がネガティブモードに突入すると、

宇宙の果ての人の手が届かないところまで、とことんすっ飛んで行ってしまいます。

あ~・・・誰にも会いたくない。

一人になりたい。知らない町を歩いてみたい。

 

f:id:ROUTE53:20151218045221j:plain

 

ネガティブ解消法

どなたにも当てはまるとは思っていません。

私の場合を書いてみます。

 

吐き出す

そんな私の救いの手の一つは吐き出すことなんですが、

幸い吐き出させてくれる友人は何人かいます。

これはお互い様でもあるんですけどね。

言葉にして吐き出すことでネガティブ2割減です。

楽になります。

もちろん「そうだね」と理解してもらえるときと、

「それはしゅうの考え方が違うと思う」と理解してもらえない時があります。

それでも理解されてもスッキリするし、

理解されなくても自分を見直すことができます。

でも、吐き出すって言ったって、

友人に延々と吐き出してたら相手もしんどくなりますよね。

少し話を聞いてもらって、そのあとは楽しい話で締めくくると、

帰り道の足取りはかなり軽いです。

だから半分も言わずに自己吸収するまで時間をかけて待つわけです。

 

時が過ぎるのを待つ

自分の中では悶々とした日々なのですが、寝るごとに気持ちは薄れます。

これでネガティブ4割減です。

欝々とした気持ちで目覚めるのが鬱陶しくなります。

考えていることに疲れてきます。

あ~もぅ、メンドクサイから放置しとこ!3日目にはこんな風になります。

3日目まで思ってるなんて重症ですね。

トラブルを放置しても何の解決にもなりませんが、

ネガティブな気持ちは放置してると自然消滅してしまうことが多いです。

なぜかと言うと自分がそのネガティブな気持ちに疲れちゃうからです。

ニコニコ笑って楽しく過ごしてる方が楽ですもんね。

自然とその方向に向くときはやってきます。

 

自己反省で持ち直す

ストレスやネガティブになる原因は外的要因だけとは限りません。

自分にも原因があるかもしれません。

凹んでる時に自分を見返すことはなかなか難しいですが、

少し時間を置けば自分の言動が天から見ているように、

第三者の目として見えてきます。

そうすると自分が次に起こすべき行動が見えてきます。

原因が人なら近寄らないのも一つ、悪いと思うなら気持ちを伝えるのも一つ、

自分のミスなら繰り返さないよう注意するべき点を見つけるのも一つ。

原因を動かすのではなく、自分が動くことで解決することもあります。

これで3割減かな。

 

あと1割残ってます

この1割、ブログで吐き出しちゃダメですか?

 

今まで色んなブログを拝見してきて、

「ネガティブな気持ちをブログで発散させよう!」って記事より、

「ネガティブな記事は見ている方もしんどくなるから書くべきじゃない!」って

記事の方がよく目に止まってきました。

確かに友人に吐き出すのと同じで、

多少なり読者をしんどくさせてしまうかもしれない。

「だったら見なきゃいいじゃない」とは思いません。

タイトルから内容を完全に推理するのは難しいし、

本文を見て「げ~・・・」と思わせてしまうこともあると思うので。

決して読者の方をしんどくさせてもいいやと思っている訳ではありません。

もちろん不愉快な気持ちにはさせたくないです。

 

だけどちょっとだけ、吐き出したいなと思うときもあるんです。

私のブログは雑記ブログで、日常のおもしろかったことや日々の他愛ないことを、

つらつらと書いているわけですが、

楽しい日があるように、辛い日もあるわけです。

その「辛い日」を書くのは勇気がいります。というか、書けませんでした。

「書くべきじゃない」って記事を多く見てきたから。

でも思い切って書いて吐き出して、

楽しい明日の記事へ繋げるのも悪くないんじゃないかな~と感じています。

 

「私のブログなんだから何を書いてもいいよね!」とは割り切れません。

その向こうに読んでくれる方がいるから。

毎日ネガティブな記事ばかり続くと読む気も失せるでしょうが、

たまに書くには許してもらえたらいいなと思っています。

 

 

 

ARIGATO☆