わたしのみち

わたしのみち

おもうこと、ひびのことあれこれ

私が急に死んだら・・・って考えると死にきれない

スポンサーリンク

人生生きてりゃ色んなことに出くわします。

いくら自分では安全運転を心がけていても、思わぬところから

どーーーん!!!

とぶつかってこられることもあるでしょう。

(あ、先日友人が運転していると対向車線の車が単独事故で横転・回転後、

友人の車の後ろからぶつかってこられました💦友人は無傷でしたホッ

 

転ばないように足元に注意してたら、歩道に伸びた枝が顔にパシッとか、

机の上に置いてるコンパスが落下して足の甲にブスっとか(小学校時経験)。

それでね、私は車を運転することを生業としていますので、

たま~に、事故で私が急死しちゃったらどうなるんだろうって考えます。

(そんなこと考えながら運転してたら事故っちゃうよ?)

 

急死したら家族はどうなるだろう

子供たち

小4と中2で人の死を受け入れられるんでしょうか。

もちろん生き物に死がおとずれるのは理解していますし、

ペット(カブトムシ)や公園に落ちていた鳥の埋葬で死を伝えてきました。

長男は親族の死も経験していますが、5歳くらいまでの出来事なので、

今の年齢ではどうなんでしょうか?

衣食住では「今すぐ」って括りで考えると父親も同居祖母もいるので困ることには

ならないと思います。

同居母

そりゃ、娘に先立たれたら・・・と考え出したものの、

ちょっと母に苦を与えることになるのであまり考えたくないことです。

しかし、孫たちの存在が支えになってくれると思いますし、

孫の生活の世話をしてあげないとと考えてくれる人です。

そうさせたくはないけど、気丈に孫に関わってくれると思います。

ここが一番問題です。

夫と私の年齢差は10歳。いつも自分(夫)が先に死ぬことになるだろうと言ってます。

そんな時「もし私が先に死んだら?」という話にもなるのですが、

「そんなん俺ヘロヘロになってしまうと思う」と言います。

いやいや子供たちのことを考えても日時もわからなくなるほどヘロヘロになられたら

困るのですが、結婚して19年経ってもヘロヘロになってもらえるなら、

ある意味妻冥利に尽きるかなと思ってしまったりします。

彼は今風邪をひいていて「もう、あかんかな~」と宣っております。

 

あくまでももしも・・・の話なので不謹慎な考えかもしれませんね。

 

見つけてほしいもの

遺書なんて書いたこともありませんが、

それほどしっかり家族に伝えていないけど見つけてほしいものはあります。

保険証書・通帳

結婚してからずっと私が管理してきたので、

場所はわかっててもすべて見つけられるか。

保険証書は1枚ではないので、

1つは手続きしても他のものが手つかずになる可能性もあります。

私が死んだときに家族に残せるものなので、知らなかったとなって欲しくはないです。

へそくり

そんなに大きな額ではありませんよ。

別に必死に隠して自分の為だけに貯めているわけではなく、

予備費の予備費って感じなのですが、自分のことにも使ってます♡

場所を知ってないと絶対行き当たらない場所にあります。

 

これくらいしか思いつきません。限りなくオープンにしてる家族です。

となると、見つけてほしいものは生きてる間にしっかり伝えておくべき?

でもへそくりは~💦 ムズカシイ問題です。

1枚の紙にまとめてそれを一番わかりやすい場所に置いておくのがいいかな?

我が家の場合、保険証書の場所はわかってると思うので、

そこにまとめた紙を置いておく&保険などは手続きごとにメモをつけておく・・・

がベターかもしれません。

早速実行しておこうっと。

 

見つけてほしくないもの・処分してほしいもの

もし見つけても中身を見ずに処分してほしいものってないですか?

SNS関連

Facebook・Twitter・Instagram・mixiとアカウントを取っています。

Facebook以外は夫と繋がっていないのでやってることは知っていても、

どうにかできることはありません。

これらって放置していてもまず自然消滅はしてくれません。

Twitterでは

運営の痕跡がないユーザー名に関するTwitterのポリシー

アカウントの作成後は、積極的にログインしてTwitterをご利用ください。アカウントをアクティブな状態に保つには、最後のステータス更新から6か月以内にログインし、ツイート (投稿してステータスを更新) してください。アクティブでない期間が長期にわたると、アカウントが恒久的に削除される場合があります。登録したアカウントは、ぜひ積極的にご活用ください。

Inactive account policy | Twitter Help Center

という規定がありますが、数年たっても残っているケースもあるようです。

 

あ~ぁ、生前に思いの限り吐き出した言葉を死後も晒していくのか・・・

ブログ・日記

そうです、このブログです。

SNS同様夫は存在は把握していますが、見てはいないと思います。

いや、もしかして見てる~?いぇーい✌

また個人的な日記も私はノートではなくパソコンに保存しています。

これらをもし見つけてしまっても故人を懐かしんで読んでくれるな!!!

ブログも日記もその時の心情です。

継続して持ち続けるほどの気持ちばかりではありません。

夫ムカツク!リコンしてぇ~!などの夫婦ゲンカの怒りなど感情任せの言葉も

書かれていますケド、ケド!!!

こちらは一時の感情で忘れ去ったことでも遺族である夫にしたらどう思うか。

ヘロヘロになってる夫に止めを刺すことにもなりかねん!

だから人の日記は見ない方がいいよ?わかった?夫見てる?いぇーい✌

 

願わくば、私の死後早々にPC壊れてくれないかな。

データぶっとんじゃってくれたら買い替えて見ることもないと思うから♡

秘密のUSB

本当は秘密なんだけど、ちょっとだけ中身を教えちゃいます。

秘密の1つは・・・ポエム的なものです(/ω\)

誰でも一時期書くことあったでしょー!!!あるよね?ねっ??

それを後生大事に残してる私って・・・バカ?

この世に未練があるからではなく、

死してなお恥をさらすのはマジでうらめしくて出てしまいそうです。

日記のログも残してますし、ぜ~ったい見てほしくないUSBが数本。

夫よ、自分の知らないUSBを見つけたら、コレ何だろ?と見ないように!

初期化して使ってやろうと思って開いたら、

ヤバそうなタイトルが目に入ったらすぐ初期化しろ!!

 

**********

 

ここでタイトル。

死にきれないのは見られたくないものを処分してから死にたいってことです。

恥をさらすのは(特にUSB)死ぬより嫌だ!

死んだ後に借金が発覚したら保険金で何とかしてください。

死んだ後に浮気が発覚したら終わったこととスルーしてください。

ないけどな!

 

夫よ・・・ブログを見てるならこれを心の片隅に留めておいて。

 

 

 

ARIGATO☆