わたしのみち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのみち

おもうこと、ひびのことあれこれ

クマが出たぞ~い!!!

スポンサーリンク

ちょ!ちょ!初めてなんですけど!

クマが出たの!Σ(・ω・ノ)ノ!

どこに出たって?

  

目の下に決まってるじゃないですかー!

 

本物の熊なら今頃一撃必殺です(-ノ-)/Ωチーン

初めてのクマ出没に今心臓バクバクですが、

とりあえず対処方法を探さねばっキョロ (T∇T Ξ T∇T) キョロ

 

クマは3種類ある

一概にクマと言っても色々あるようで。

・青グマ・・・血行が悪くなることで出来たクマ

・黒グマ・・・皮膚のたるみによって影が出来たクマ

・茶グマ・・・色素沈着によって出来たクマ

 

原因は

青グマ

目の周りの毛細血管の血流が滞ることでできるクマです。

寝不足や体調不良・疲労・ストレスにより血のめぐりが悪くなり、

目の下は皮膚が薄いため滞留したものが目立ってしまいます。

年齢に関係なく見られます。

黒グマ

加齢によって下まぶたの皮膚がたるんできた状態です。

目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)を支える筋肉がゆるみ、その下にへこみができて

その影が黒く見えてしまいます。

むくみがちな人によく見られ、メイクでも隠せません。

茶グマ

色素沈着によってできるクマです。洗顔やメイクの摩擦、日焼けによって色素沈着を

起こします。

目をこする癖のある人によく見られます。

 

う~ん・・・原因としてはどれも思い当ります。

日々の疲労はあるでしょうし、目に関係するかわかりませんが冷え性なので、

血流がいいとは言えません。

加齢という言葉に拒否反応示しつつも認めざるを得ないですし、

長年の肌ケアから日焼けによるシミもあり、それは色素沈着・・・

ただ次にあげる対処方法はそれぞれ違うようなので、

間違ったケアではクマは消えないということですね。

 

対処方法

青グマ

原因が血行不良なのでそれに合わせた対処が必要です。

・クリームを使ってマッサージをする。あまり強くすると茶グマの原因である摩擦に

 つながるので、ソフトに。ホットアイマスクも効果的です。

・冷たい飲食を避けましょう。冷やすことで血行不良を引き起こします。

・血液をサラサラにする食事を心がける。こちらを参考にしてみましょう。

 血液サラサラにする食品 | 血液をサラサラにする方法

黒グマ

たるみを改善する対処が必要です。

・表情筋のトレーニングやツボ押しでたるみを防止するケアをしましょう。

・カバーメイクの工夫を!ファンデーションでは隠せませんが、パール系パウダーを

 使うなどのぼかし術でカバー。

茶グマ

色素沈着が原因なので、いわゆる美白対策が有効です。

・紫外線対策、UVケアをしっかりして、色素沈着が増えない予防を。

・メラニン色素の生成を抑えるビタミンCの接種。

・即効性はありませんが、美白対策化粧品でのケアも有効。

 

 

とまぁ、色々書きましたが、日常的に生活習慣を見直す必要がありそうです。

私自身、どの原因も思い当るので一点集中ケアでは外れてしまう可能性もアリ💦

過剰になりすぎず適度にケアを行い、まずは冷えの予防・筋トレ・UV対策などを

重点的に気を付けてようと思います。

あとはメイクでカバーできるか・・・

昨日クレンジング後に気づいたので、

今日メイクしてみて隠せたら黒グマは排除!かな?

 

みなさんお若いうちからしっかりケアしましょうね~!!!

 

 

 

ARIGATO☆