読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのみち

おもうこと、ひびのことあれこれ

料理は誰がする

スポンサーリンク

最近見かけるサッポロ一番のCM、夫婦でキッチンに立つっていいなぁ~。

劇団ひとりさんと竹内結子さん夫妻、和みます。

大した物作らなくていいんです。

インスタントラーメンでいいんです。

その気持ちがうれしいんです。

我が家はちょっと縁遠いかな。

夫がキッチンに立つことはほぼありません。

 

料理が好きな人がうらやましい

最近色んなブログにお邪魔させていただき、

料理をアップされてるものにちょくちょく行きあたります。

アップされてる写真はどれも見栄えがよくて、美味しそう。

料理に視覚も大切だとつくづく感じています。

レシピを拝見してもそれほど手間はかけてなくても、

しっかり栄養を考えて野菜を取り入れていて、

純粋にすごいな~と尊敬します。

なぜなら私があまり料理を得意としていないから。

料理人の実弟からは「姉ちゃんの料理は雑!」と言われます。

うん、お客様に料理を提供するプロと比べないでくれ・・・

でも、それほど強く反発できません。

なぜなら自分の料理には何か足りないと常々思っているから。

自分の料理は好きじゃないです。

 

毎日3食(昼は残り物が多いので、実質2食)作ってますが、

いろどりや味付け、栄養も考えているつもりです。

でもテーブルにそれらを並べたら自分で満足いく状態ではなく。

何が足りないのかわからない。

センスがないんだろうか?

 

家族からのクレームはない

上記のとおり、私は人様にお料理を出すことに自信がないです。

ブログに写真アップなんてとんでもない!

でもね、家族は美味しいと食べてくれます。

パクパク完食してくれることがうれしいです。

子供たちは「多すぎた〜お腹いっぱい!」と残すことがあるのですが、

ホントは苦手なものがあるからとわかってます!

食べやすく工夫したいところ。

 

単にお腹が満たされればいいってもんではないんですよね。

幸い朝食も夕食も家族揃って食べられる環境なので、

おしゃべりしながらの楽しい時間も美味しい要因ですね。

それが叶っているから、やっぱり何か足りないのは私のセンスですね。

盛り付け方?お皿の選び方?

 

一緒に作るのも美味しい要因

我が家で料理するのは私です。

料理するのは女性だけの仕事とは思ってませんし、男性がしてもいい。

色んな家事負担を含めて各家庭環境によって違いがあっていいと思います。

 

私が料理していると子供たちはよくお手伝いに来てくれます。

男の子だけど今はまだ楽しいようです。

私に輪をかけて雑です(´Д`;) 

ちっさい事は気にすんな!ワカチコワカチコ〜(古っ!怖っ!)

一緒に作るとそのあと食べるのも、

ここはこうすればよかったとか、思ったより美味しいとか、話も弾みます。

では夫は?基本料理はしません。

一緒にキッチンに立つと、色んなことが目について遠慮してと思うかもしれません。

単独で立ってくれるなら大喜びしますけど(笑)

自宅でBBQする時だけは率先して炭おこしから焼きまですべてしてくれます。

下準備は私ですが、その日だけは楽させてもらっています。

そしてやっぱり人が用意してくれたご飯は美味しい♡

 

躾けた友人!

友人ご夫婦は二人暮らしですが、

ご主人は日々の洗い物と週末は食事の用意もされるそうです。

奥さまは専業主婦ですが、夫婦共々キッチンに立つというわけです。

毎日食事を作っていると、今日は作りたくないな~と思うことがあり、

料理のできる旦那様が変わってくれるというのはうらやましいです。

それを友人に言うと、「結婚してすぐからちゃんと躾をしないから」と💦

躾ですか・・・

そう言われるとルール守らないとイライラしちゃいそう💦

彼女は結婚当初共働きだったこともあり、かなり厳しく旦那様を躾けたらしい。

なので専業主婦になった今もそのスタイルを維持していられるそうです。

 

私は結婚当初は共働きだったにも関わらず、

一生懸命甲斐甲斐しくし過ぎたんですかね。

私の中では当たり前になったので、我が家のスタイルに不満もなく、

だからこそたまに夫が家事を手伝ってくれると喜びが大きいです。

洗い物してくれただけで1日の疲れが吹っ飛びます。



あれ?

冒頭のCMのように一緒にキッチンに立つのがうらやましいのは、

料理をしてくれる旦那様がいいのではなく、

夫婦円満のイメージのせいかも⁉︎

でも大丈夫!うちはケンカするほど仲がいいですから。


 


ARIGATO