読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのみち

おもうこと、ひびのことあれこれ

和田ちゃん!2000安打おめでとう!!!

スポンサーリンク

昨日の話題になりますが、

中日の和田一浩外野手が2000安打達成しました。

史上最年長での達成です。

昨年は8月に右手首を骨折しシーズンを終えたました。

今年開幕前には膝の調子も悪かったようで、不安を抱えてのスタートだったかもしれません。

体力的にも42歳ということもあり、調整も並大抵ではないと思います。

 

www.nikkansports.com

www.sponichi.co.jp

thepage.jp

 

プロ選手と一般主婦を比べるのはおこがましいですが、

私も和田ちゃんと同じ生まれ年(こんなとこでカミングアウトしてどーする💦)

純粋に同年齢の活躍がうれしいです。

 

私がプロ野球を見るようになったのは結婚してからです。

ちょうど和田ちゃんがプロ入りした年とこちらも同じ!

その頃はまだ和田ちゃんの存在を知りませんでしたが、

西武ライオンズファンの夫に感化され、私もライオンズファンになりました。

今では子供二人もそろってライオンズファンです。

東京に住んでいた12年前には埼玉の西武ドームまでよく試合を見に行き、

球場で見る野球の楽しさを知りました。

 

野球を見て鳥肌が立ち、体が震え、感動に涙したことがあります。

初めてそれを体験したのが和田ちゃんの大活躍です。

www.youtube.com

 

私が球場に見に行くとほとんどが負けゲームで、

自身の中で良くないジンクスだなと思い、足が遠のいたこともありました。

 

2004年のプレーオフ第一ステージ3戦でのことです。

日ハムに先制を取られたものの、カブレラが逆転打を放ち、

9回表で再び日ハムのホームランにより同点に・・・

まさに手に汗握る最終9回裏での、

先頭打者・和田ちゃんによる逆転サヨナラホームラン

この劇的な勝利と喜びに夫と手を取り合って涙しました。

大泣きする私を笑っていた夫ですが、彼の目も真っ赤でした。

 

そんな和田ちゃんが数年後FAで中日に移籍したときは、

大切な人が離れていくような寂しさを感じましたが、

和田ちゃんがあこがれた中日への移籍、

今までのように活躍してくれることを願って見送りました(TVでね)。

セリーグの試合を見ることはほとんどありませんが、

時折耳にする和田ちゃんの活躍にはいつも心躍らせていました。

 

和田ちゃんは私の中で唯一無二の選手です。

色んな要素で私も頑張らなきゃ!と思わせてくれる存在です。

私と同じように思っているファンはたくさんいると思います。

まだまだ現役活躍を願っています!

 

おめでとう!和田ちゃん!

 

 

 

ARIGATO